スピーディーに作れる中綴じ印刷で商品をアピールしよう

納期が早い製本方法

男性

厚さやサイズなどを確認

製本方法の一つに、中綴じ印刷というものがあります。ページを背の部分に入れた針で綴じる方式で、厚みの少ない週刊誌などで見かけられます。中綴じ印刷は製本方法の中でもシンプルな作りであるのが特徴で、納期が短いなどのメリットがあります。製本業者に中綴じ印刷をお願いする場合には、どれぐらいの厚さまで可能なのかを確認します。製本する機械の性能によって厚さが異なるためで、これを怠ってしまうと、発注したはいいものの製本ができなかったという事にもなりかねないため注意が必要です。同時に、製本できるサイズも確認しておきます。低料金のところは制限がある場合も多いので、事前の確認は欠かせません。表紙と本文の用紙を変えたい場合には、事前に問い合わせて、対応してくれる業者を選ぶようにします。中綴じ印刷といっても、表紙にカラー用紙や光沢紙を使うと高級感を出すことができます。本文のみ安価な用紙を選んでコストダウンすることも可能になるので、自由度の高い業者を選んでおくと安心です。必要となる料金も重視します。予算が十分に確保されている場合には問題ありませんが、少しでも抑えたいときには中綴じ印刷の費用を業者間で比較すると最も安い業者を見つけられます。納期についても確認しておくと、余裕を持って発注することができます。一般に中綴じ印刷の納期は、他の製本方法に比べて短めとなっています。それでもどれぐらいの時間がかかるのか確認しておけば安心できるはずです。納期については、早めに注文すると料金を割引してもらえるところもあるので、大いに活用しましょう。

カレンダー

個性的なカレンダーを作る

名入れカレンダーは個性的で人気がありますが、作成までにはデザインを決めたり、紙の種類やカレンダーの形式を決めなければいけません。印刷業者に丸ごと依頼することもできますが、デザインには時間がかかるため、納期はその分だけ必要になることから、計画的な発注が必要です。

袋

大量のDMには安さを重視

多くの世帯に送る必要があるDMの梱包にはOPPが便利です。大量のDMを梱包するときには安い業者を利用することでDMのコストを削減しながら自社の製品やサービスを宣伝することができます。DMをお得に送るときには安さを重視しましょう。

ノベルティ

印刷方法の見極め

オリジナルグッズの作成依頼を業者に依頼するときには、印刷の質の見極めは重要です。オリジナルグッズの素材に合った印刷方法を提供してくれる業者に依頼することで、満足のいくオリジナルグッズを作成することができます。